ワンポイントで差をつける!

投稿時間 : 2010年08月06日 17:30

前回のブログで、RCの共通エントランスを取り入れた「1点豪華主義」のアパートをご紹介いたしました。

今回は、「豪華」というほどではないのですが、ワンポイント他と大きな違いをもつ、特長のあるアパートをご紹介いたします。

下の写真をご覧ください。

DSC_2940.jpg

一面ブルーの壁。これは、現在募集を開始したワンルームアパートの一室です。

ちょっと驚かれました?


このアパートは新築ではありません。ちょうど1室退去があったので、『これを機会になにか特長を出したい』ということでアミックスが企画しました。神奈川県の大手不動産管理会社から教えていただいた「アクセントクロス」というインテリアの技法です。

当社が建築・管理しているアパートは、今までずっと白い壁でした。それが普通ですし、壁が白いからといってトラブルになったことはありません。

逆にこの真っ青な壁には、抵抗感を覚える人もいるでしょう。白の方が落ち着く、という人のほうが多いのではないでしょうか。

では、なぜこのようなことを企画したのか。DSC_2980.jpg

これからの賃貸住宅は、他との差別化が求められてきます。とくにこの物件のように、少し立地条件が悪い場合は、他のアパートとは違う特長が必要なのです。

今回の企画ですが、部屋の全面に青色の壁紙を貼るとしたら、かなりの費用がかかります。でも1面だけなら数万円程度のコスト増で済みますので、やってみようということになったのです。

青い壁に抵抗感を持つ人は多いでしょう。でもたとえ10人中9人「白い壁がいい」といったとしても、1人「青のほうがいい」という人がいれば、それでいいのです。

たとえば、どんな人でしょう。

海が大好きで、青い壁をマリンブルーと思う人・・・
サッカーが大好きで、青といえば「サムライブルー」を思い浮かべる人・・・
あとは、ただ単に青が好きで、「白より青の方が落ち着く」という人もいるかもしれません。

今回の青い壁はアミックスのテストケースでもあります。もしこれが好評であれば、入居者に「壁の1面だけをお好きな色に変えます」というキャンペーンなどもできるかもしれません。

差別化を図るといっても、多額の費用がかかるのでは意味がありません。わたしたちは、少ない費用でも他との一線を画すような企画をこれからも考えていきたいと思います。

まだまだ他にもいろいろと企画がありますので、順次このブログでご紹介したいと思います。

お楽しみに!

DSC_2960.jpg

プロフィール

末永 照雄 〈 Teruo Suenaga 〉

株式会社アミックス 代表取締役 社長
昭和31年8月2日生まれ
上智大学卒業後、アミックスを設立。
趣味はジョギングと水泳。

公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 会長
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
suenagateruo@amix.co.jp