限られたコストのなかで こだわりのカフェやアパートを建築

投稿時間 : 2017年11月01日 09:00

今年5月、都区内で駅からほど近い場所に土地オーナー様のお孫さんがカフェをオープンされました。カフェ兼自宅のほか、アパート2棟も建築されています。

utts_02_s

デザインで差別化して“入居者に選ばれる”アパートに

――(インタビュアー) アパートを建てられたきっかけはなんだったのでしょう?

K様 以前から、祖父の所有地を何か有効活用できないかと思って調べていました。いずれは相続を受けることになるのでアパートがいいかなと。

――はじめはどちらの場所で?

K様 足立区柳原です。駅から徒歩15分と少し離れているし、敷地が小さくて2戸だけの物件になるので、デザインに特化したアパートにしようと思いました。

――企画・設計段階からいろいろとアミックスさんとディスカッションされたそうですね。

K様 私も妹も仕事の関係で、企画やデザインはわりと得意でした。でもアパートを建てるのははじめてだったので、最初はわからないことばかりでした。自分で建築資料やサンプルを取り寄せてカタログで調べたりして、ずいぶんと勉強しましたね。担当していただいた井上さん(アミックス営業部)にもいろいろと協力してもらって本当に助かりました。

――具体的にどんなアパートになったのでしょう。

K様 エントランスは、アパートというよりもマンションを思わせるデザインにしたかったんです。でも使える費用は限られているので、全体のバランスを考えながら、ややエントランスにお金をかけたいと思いました。井上さんにも相談して、予算枠のなかで収まるよう何度も計算をしていただきました。

井上 こだわるところにはそれなりにお金をかけるけれど、コストを下げられるところは抑えてという感じで、何度も相談しましたよね。

kitasenju_00

――内装はいかがでしたか?

K様 水回りに関しては、親戚の(株)聡建さん(アミックスの協力会社)にいろいろ教えてもらいました。お風呂やキッチンに統一感が出せましたし、ダウンライトにして高級感も演出できたと思います。

kitasenju_01   kitasenju_02

――柳原のアパートが完成して、ここ(自宅兼店舗)の隣にもアパートを建てられたのですね。

K様 もとは駐車場でしたが、柳原のアパートを建てた経験をもとに、新たにアパート1棟と自宅兼カフェを建築することにしました。

horikiri_00

K様 今回のアパートは、駅から2~3分と近いのですが、将来の少子化を考えたとき、やっぱりデザイン面で差別化しようと思いました。エントランスや外観はもちろんですけれど、内装にも力を入れました。日塔さん(アミックス設計担当者)ともずいぶんと打ち合わせをして、外観や間取りを私たちのイメージに合わせてもらいました。

horikiri_02

horikiri_03

horikiri_04

――建築現場でのやりとりはスムーズでしたか?

K様 そうですね。現場監督の佐藤さんには、こちらのイメージに合わせながらも、プロの目線から実現性の高い提案をしていただきました。

 

コストを抑えてこだわりの“カフェ”を実現

K様 また、自宅兼カフェ設計は建築家の友人に頼んだので、アミックスさんには施工のみお願いしました。アミックスさんには予算組み等もとても親身になって協力していただきました。

――ここは1階が店舗、2階が自宅というつくりですね。なぜカフェをやろうと思われたのですか?

K様 これから人口が少なくなって、アパートの空室が増えるだろうと言われています。駅から近いとはいえ、今後のことを考えるとアパートの入居者募集に少し不安もありました。でも、すぐ隣がお洒落なカフェなら、「ここに住みたい」と思ってもらえるのではないかと考えたのです。

――それでアミックスさんに店舗建築も相談されたのですね。

K様 これまでのおつき合いのなかで、アミックスさんなら自分達の思いが伝わると思っていました。

utts_01_s

――店舗のほうもお友達の方の設計ですね。

K様 基本はそうです。でも、これまでのやりとりで現場監督の佐藤さんと上手くコミュニケーションが取れるようになっていたので、カフェの内装は私たち三姉弟と佐藤さんでほぼすべて決めていきました。

――イメージどおりになったということですね。

K様 そうですね。私たちがやりたいことをやろうとすると、どうしても予算が膨らんでしまいます。佐藤さんからは「方向性は同じでも、こうするとコストを抑えられますよ」と、いろいろと提案してもらいました。そのおかげで予算を超えることなく私たちが望んでいたとおりのものができたと思います。

井上 ここは一見RCに見えるけど木造です。木造だから設計の自由度も高いし、コストも安い。もちろん、しっかりと構造計算をしていますから、強度も安心ですよ。

utts_05_s

utts_07_s

――施主さんと建築業者がうまく協力し合ってできたことですね。

K様 私たちが気付かない点もアミックスさんのアドバイスで、やり直しや失敗がなくて済んだと思います。そのうちに佐藤さんはすっかり私たちの好みを心得ていただいたようで、最後のほうでは、私たちがお願いしていないのに好きそうなもののサンプルを取り寄せてくれたり、いつの間にか好きなものがついていたり(笑)。

――信頼関係も強くなったということでしょうか。

K様 アミックスさんは施工後もメンテナンスをしてくれますし、不具合があればすぐ対応してくれるなどアフターフォローもしっかりしています。建てて終わりではない、というのは、オーナーにとってはとても安心感がありますね。

 

これからもカフェとオーナー業を両立

――カフェがオープンして数ヵ月が経ちました。お客様の評判はいかがですか?

K様 おかげさまで、お客様にはこの辺にはない(笑)、表参道や青山辺りにありそうなカフェができたと喜んでいただいています。

――どんなお客様が来店されるのでしょう?

K様 赤ちゃんからお年寄りまでいらっしゃいます。うちの手作り商品は添加物が入っていないので、お母さんたちも安心して赤ちゃんに与えられるようです。お年寄りの方たちも楽しそうにお茶会をされています。

――カフェを中心に人が集まってきている。

K様 まだはじめたばかりなのですが、うちのアパートだけではなく、街全体に刺激が与えられて、地域の活性化に繋がってくれたらいいなと願っています。

utts_013_s
手作りのスコーンをはじめ、キッシュなど軽食も人気

utts_014_s
写真の「手」は祖父であるオーナー様

――カフェのお仕事のほかに物件の管理もされているそうですね。

K様 管理のほうも勉強することばかりです。これからも三姉弟で協力してやっていきたいと思っています。

――アミックスさんにはどんな印象をお持ちですか?

K様 アミックスさんは他のハウスメーカーさんにはない、柔軟性と親しみやすさ、それに豊富な専門知識を持ち合わせた会社ですね。3棟建築しましたが、どれも自分たちのイメージどおりに仕上がりました。同じような思いを持っていらっしゃるオーナーさんも、アミックスさんにお願いすれば、満足がいく結果になるのではないでしょうか。

――本日はありがとうございました。

プロフィール

末永 照雄 〈 Teruo Suenaga 〉

株式会社アミックス 代表取締役 社長
昭和31年8月2日生まれ
上智大学卒業後、アミックスを設立。
趣味はジョギングと水泳。

公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 会長
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
suenagateruo@amix.co.jp