長屋建て

路地状敷地・不整形地にも建築可能な
アミックスの長屋建て賃貸住宅

アパート建築 アパート建築

長屋建て(狭小地・旗竿地向け・不整形地向け)

アミックスでは、アパート建築に不向きとされる狭小地・旗竿地(路地状敷地・敷地延長とも呼ばれます)・変形地・不整形地などでも、土地に適した集合住宅形式の適用や在来工法による自由な施工、設計の工夫などにより対応、これまでに多く、賃貸アパートの建築実績があります。

≫詳細はこちら

アパート・マンションなど共同住宅と接する道路の規制

アパートやマンションなどの共同住宅の建築には、災害時の避難経路を確保するための規制があります。(*東京都の場合、接している道路が4m以上必要)そのため、狭小地や旗竿地(路地状敷地・敷地延長)とよばれる土地には建てることができません。

一般的な共同住宅

一般的な共同住宅の図

接する道路の有効幅員が2m以上で建築可能な「長屋建て・重層長屋」

「長屋建て・重層長屋」は、共有の階段や廊下がなく、1階に面したそれぞれの独立した玄関から直接各戸へ入ることのできる集合住宅です。

アパートやマンションなど、玄関や廊下、階段など共有する部分がある集合住宅のことを「共同住宅」といいますが、共有スペースがない長屋建ては共同住宅には分類されません。

長屋建ては共同住宅に比べて建築基準が緩く、接している道路の有効幅員が2m以上あれば建築することが可能となります。

また、接する道路が10m未満の旗竿地(路地状敷地)と呼ばれる土地の場合、共同住宅の建築は認められませんが、長屋建てや重層長屋であれば建てることができます。

路地状敷地

旗竿地・路地状敷地・敷地延長に建築した共同住宅の図

アミックスでは、すべての物件を在来工法(柱・梁・筋交いなど木の軸を組み立てて建物を支える工法)によって建築しています。そのため、道幅のせまい旗竿地(路地状敷地・敷地延長)や不整形地、あるいは狭小地等でも対応することができます。

旗竿地(路地状敷地・敷地延長)に建築したアパート
プルシャンブルー〈1棟4戸〉

施工実績 長屋建て

■事例1(旗竿地・路地状敷地・敷地延長)

サイディングの工夫で奥行きのある旗竿地も狭さを感じさせず

かなり奥行きのある旗竿地(路地状敷地・敷地延長)に10室の重層長屋を建築しました。建物が奥から手前に向け、徐々に大きくなるため、ブラックとホワイトの二色のサイディングを交互に配置することで、路地状敷地で感じやすい圧迫感を解消しています。

旗竿地(路地状敷地・敷地延長)に建築したアパート
ヒカリオ〈1棟10戸〉

旗竿地(路地状敷地・敷地延長)に建築したアパート


≫ 建築中のようすはこちらから。

■事例2(旗竿地・路地状敷地・敷地延長)

デザイン性を重視し、居室空間も快適に

接道の狭い旗竿地ながらも奥が広い土地に建築した重層長屋です。室内は吹き抜けをつくり、シーリングファンを設置することで、デザイン性の高い物件とすることができました。アクセスの良い都心部ということもあり、人気の長屋アパートになっています。

旗竿地(路地状敷地・敷地延長)に建築したアパート
カーサコム〈1棟4戸〉

旗竿地(路地状敷地・敷地延長)に建築したアパート


≫ 建築中のようすはこちらから。

■事例3(旗竿地・路地状敷地・敷地延長)

人気の立地でコストパフォーマンスの高いアパート建築

臨海地域でのアパート建築です。人気があり比較的家賃の確保ができる立地で重層長屋を建築しました。旗竿地ながら地形をうまく利用し、各部屋へつながる外階段まわりもシンプルにした長屋タイプのアパートです。

旗竿地(路地状敷地・敷地延長)に建築したアパート
フルブルーム〈1棟6戸〉

旗竿地(路地状敷地・敷地延長)に建築したアパート


≫ 建築中のようすはこちらから。

■事例4(旗竿地・路地状敷地・敷地延長)

地形に合わせた設計でスペースを有効利用

敷地が旗竿地(路地状敷地・敷地延長)でアパートが建てられないため、長屋建て(重層長屋)で集合住宅を建築しました。スペースを有効利用するため、「旗の持ち手」部分の土地にも、向きを変えて上下2戸の住戸を設置するなど効率的な設計になっています。

旗竿地(路地状敷地・敷地延長)に建築したアパート
サンフィールド〈1棟12戸〉

旗竿地(路地状敷地・敷地延長)に建築したアパート

専用の階段を設置

長屋建ては共同廊下などの共有部分を持たないため、2階住戸には1階から直接各戸の玄関へ入れるようそれぞれ専用の階段を設置しています。

旗竿地(路地状敷地・敷地延長)に建築したアパート


≫ 建築中のようすはこちらから。

■事例5(旗竿地・路地状敷地・敷地延長)

不整形地・変形地に建築したアパート

■事例6 (不整形地・変形地)

不整形地・変形地に建築したアパート

■事例7

配置の工夫で空間の広がりを

建物をコの地形に設計し中央に共有部を確保しました。通常外部に設置する階段部を建物内部に設置することで空間を有効活用し、スッキリとした外観にしています。左右対称のデザインがスタイリッシュな長屋建てが完成しました。

旗竿地(路地状敷地・敷地延長)に建築したアパート
エバーグレース〈1棟6戸〉

旗竿地(路地状敷地・敷地延長)に建築したアパート


≫ 建築中のようすはこちらから。

■事例8

狭小地に建築したアパート