2018年 年始のご挨拶 ~ニーズにあわせた新たな取り組み

投稿時間 : 2018年01月01日 08:00

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

blog_pixta_20294472_ss

昨年9月、葛飾区亀有に東東京支社を開設いたしました。1・2階が事務所、3階にセミナールームを設けた鉄骨造3階建て(延床面積300坪)で弊社施工のオフィスビルです。

11月の新支社見学会と祝賀会には、たくさんの方のご来場を賜りました。誠にありがとうございました。

blod_7107-2_cmyk_amix_mini

blog_amD01_DSC_54759月末から営業を開始した東東京支社

さて、年頭にあたりまして、2018年からの弊社の取り組みについてお伝えいたします。

好立地で効率的な土地活用を

以前からお話ししていますが、これからの人口減少社会で安定した賃貸経営を行うには、人気のある駅に近い立地が望ましいでしょう。そして土地を最大限に有効活用する方法を選ぶ必要があります。

これまでアミックスでは木造建築に特化してまいりましたが、時代の変化に対応しお客様のニーズにあった新たな提案ができるよう木造建築に加え、鉄骨造・鉄筋コンクリート造にも注力してまいります。

東東京支社は、弊社で手がけた鉄骨造の“モデルルーム”としても、皆さまにご覧いただくことができます。亀有駅から徒歩3分ですので、ぜひお気軽にお越しください。

優良資産としての「民泊ホテル」

ニュースでも度々取り上げられていますが、日本を訪れる外国の方の数は年々増え続けています。

グラフ2

増え続ける外国人旅行者に対応するため、今年6月には「住宅宿泊事業法」(民泊新法)が施行されます。これまで宿泊施設をつくることができなかった住宅街でも民泊の営業が可能となります。

国がすすめる訪日外国人の受け入れ態勢を見守りながら、アミックスとしても民泊事業に取り組んでまいります。

日本国内で外国人観光客に非常に人気が高い地域として京都があげられます。そのため京都では宿泊施設が慢性的に不足しています。

アミックスでは、京都で2ヵ所の用地を取得し、現在「民泊ホテル」としての活用をすすめています(2019年完成予定)。

今後も外国人観光客の増加が予想され、国内シニア層による旅行の増加も見込まれており、民泊ホテルは大変期待できる事業です。

民泊

blog_IMG_6245弊社で手がけた池袋の民泊ホテル

福島電力への切り替えで復興を支援

2016年から電力が自由化され、消費者は電力会社を自由に選べるようになりました。

福島電力は、東日本大震災で大きな被害を受けた福島県楢葉町に本社をおく電力会社です。電気を割安で提供し、利益の一部を被災地復興のために活用しています。

アミックスは社会貢献の一環として、2018年より福島電力との契約を推進していくこととなりました。

福島電力との契約により、復興の一助となるとともに、従来の電力会社より5%ほど電気料金を下げることができます。復興支援とともに、コスト削減にもつながりますので、オーナー様、入居者様にもぜひご協力をお願いしたいと思っております。

オーナー様の資産を「活かす・増やす・守る」

アミックスでは、これまでのアパート・認可保育園等の建築だけではなく、差別化・コンセプトに着目した新たな取り組みも行っています。その一環として昨年11月に、「ネコ共生型アパート」を建築しました。

blog_171124_0152

blog_171124_0467_sキャットウォークなど充実した設備のネコ共生型アパート

従来のペット可物件とは異なり、ネコと飼主が快適に暮らせるよう工夫されたアパートです。潜在的な需要はありますが物件数が少ないため、希少性が高く長期のご入居が期待できます。これから更に注目されるアパートとなるでしょう。

私たちの使命は、創立時から一貫してオーナー様の資産を「活かすこと・増やすこと・守ること」です。2018年もさまざまな取り組みを行うことで、オーナー様のニーズにお応えしていきます。

 

プロフィール

末永 照雄 〈 Teruo Suenaga 〉

株式会社アミックス 代表取締役 社長
昭和31年8月2日生まれ
上智大学卒業後、アミックスを設立。
趣味はジョギングと水泳。

公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 会長
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
suenagateruo@amix.co.jp