アミックスの強み–強いブレインとコストダウン

投稿時間 : 2009年07月13日 15:38

Photo:弊社建築物件「プラム梅島C〈1棟 12戸〉」

アミックスは、木造のワンルームアパートに特化して建築しています。他社のように、いろいろな建物を建てるわけではありませんので、材料コスト抑えることができ、なるべくお客様に安価でご提供しています。品質管理も徹底して行い、低価格でも高品質のアパートをお届けしています。

そんなアミックスには、建築の際に長年お付き合いいただいている多くの下職さん(大工さんや鳶さん、内装屋さんなど約20業種の外注さん)の存在があります。下職さんたちはどなたも何十年のキャリアを持つ、腕のたつ職人さんばかり。アミックスを支えてくれている心強いブレインです。


アミックスと下職さんたちとのお付き合いは、長い方では20年以上にもなります。そして、アミックスの現場で働く下職さん同士も長いお付き合い。それぞれ
がお互いの仕事ぶりをよく知ってくれています。現場同士で次の行程を把握して、納期管理もしっかりとしていますので、私たちは安心して仕事をお任せするこ
とができるのです。

アミックスが自社で建築したアパートを35年の長期にわたり一括借上げ管理を行っていることを下職さんたちもよく知っています。従ってもし下職さんが手抜
き工事をして隠すことができても、35年間の管理中に必ずアミックスに見つかって、そのときは責任を取らなければならないことをよく理解しています。だか
ら、下職さんは絶対に手抜き工事をやりません。

対して大手建築会社が行っている多くのアパート建築は、さまざまなパッケージ化された商品の組み合わせ。それほど技術も必要とせず、だれでも平準化したアパートが造れるよう設計されていますから、大きな工場で製作されたプレハブをトラックで運んできて組み立てるだけ。大量の受注をこなしていくための大手な
らではの建築方法ですが、このやり方には問題点が多いのです。

『組み立てるだけだから技術は要らない。』大手建築会社の中には、利益優先のために専門の職人さんではなく、アルバイトのような人たちを雇ったり、工期を短縮して数をこなすことばかりを優先するケースが見受けられます。彼らは、素人ではないけれどやはりプロではありません。また、短納期のため突貫工事が行われて雑な作業になり、仕上がりもあまりよくありません。

そんな大手と比べ、アミックスと下職さんのお付き合いはとても深いものです。なかには、アミックスの建築や管理の姿勢にとても共感して、ご自分の持ってい
る土地にアパートを建て、アミックスにサブリース管理
をご依頼いただいている職人さんもいらっしゃいます。もともとは発注側と請け負う立場だったのに、そこまで信じ合えるのは本当に嬉しいことです。

下職さんのなかには、当社とのお付き合いがなんと親子3代に渡る方もいらっしゃるのです。アミックスの現場を通して、2代目・3代目が育っていく姿を見る
のは楽しいものです。4代目・5代目と知り合うのはいつ頃になるのでしょうか。今からとても待ち遠しいです。『アミックス』とは『仲間』という意味です。
文字通りアミックスと下職さんは強い絆で結ばれた『仲間』なのです。

下職さんのインタビューはこちら
>> http://www.amix.co.jp/build/0290shokunin.html

プロフィール

末永 照雄 〈 Teruo Suenaga 〉

株式会社アミックス 代表取締役 社長
昭和31年8月2日生まれ
上智大学卒業後、アミックスを設立。
趣味はジョギングと水泳。

公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 会長
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
suenagateruo@amix.co.jp