リフォームプランは「8年」もしくは「15年」コース!

投稿時間 : 2009年01月23日 10:12

0210_1.jpg

15年コースでサブリース契約をしたグリーンガーデンIYO


サブリース契約は、管理業務に一切かかわらずに毎月一定の契約家賃がお受け取りいただけるため、多くのオーナー様にご利用いただいています。アミックスでは、管理戸数約8,000室のうちほとんどがサブリース契約です。

サブリースは今でこそ35年など長期契約もありますが、制度がはじまったころは大抵2年間でした。当社が業界ではじめて20年という長期契約を結んだのです。そして近年、当社では20年の契約期間満了を迎えるオーナー様が増えてまいりました。



写真をご覧ください。この物件は、アミックスで建築後にサブリース契約し、昨年20年間の契約満了を迎えた物件です。「築20年」という言葉から想像するよりしっかりしていると思われませんか?

0123001.jpg

手前味噌になりますが、建物自体がきちんと施工され、その後の管理状態が良好であれば、20年経っても極端にオンボロにはならないのです。

ただ、いくら丁寧に管理されていても、さまざまな経年劣化は避けられません。また、建築当時とは周辺環境やライフスタイルの変化などが生じてきます。

そこで私たちは契約満了期日が近づいたとき、この物件のオーナー様に「リフォームして、再度サブリース契約しませんか」とご提案しました。20年経ったからといって建物自体に大きな問題はないし、ほぼ満室状態です。建て替えるなんてもったいない!

弊社の査定では、リフォームにより再度15年間のサブリース契約が可能と判断したのです。オーナー様にとっても、契約終了には不安があったことでしょう。「リフォームして15年のサブリース契約ができるなら」と快諾していただきました。

この物件のリフォーム前後の写真を掲載しましたので、ご覧ください。弊社で気になる箇所の修繕や今のライフスタイルに合わせたリフォームを手がけ、オーナー様にも入居者の方にも大変喜んでいただくことができました。

06.jpg
07.jpg

玄関脇から駐輪場への入り口の大きな植栽も外し、代わりに花壇を設置。

08.jpg
09.jpg

さびや劣化の目立つ鉄部は塗装だけでなく、鉄骨補強も行い、耐震面の強化も。


私たちは、サブリース契約満了後もリフォームして長く持たせることが、オーナー様にとってもベストなことだと考えています。人で言えば、60歳で定年退職した社員の『再雇用』のようなものです。人でも建物でもまだまだ現役で働くことができるのです!

また、今回の例はサブリース再契約が15年のリフォーム・コースですが、再契約8年コースの新設も予定しています。8年コースは、15年コースよりリフォームを簡略化して、費用を抑えたコースです。特に昨今の経済不況に加え、今後は少子高齢化による『低経済成長』の時代を迎えます。これからは一度建てた建物を大切にして、長く使う時代になってくるでしょう。

プロフィール

末永 照雄 〈 Teruo Suenaga 〉

株式会社アミックス 代表取締役 社長
昭和31年8月2日生まれ
上智大学卒業後、アミックスを設立。
趣味はジョギングと水泳。

公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 元会長
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
suenagateruo@amix.co.jp